【評判】【テックアカデミー】転職保証コースでJavaを学ぶ


この連載では、実際にプログラミングスクールを卒業してプログラマーへの転職に成功した人にインタビューをしていきます。空前のITエンジニア不足の日本、プログラミングスクールが日本のITの未来を救うのか!?卒業生の生の声を聞いて、プログラミングスクールの評判や口コミをチェック!
果たしてどのプログラミングスクールがおすすめなのか、オンラインレッスン・対面レッスン、有料・無料など色んな観点から評価していこう。

プログラミングスクール卒業生インタビュー第4回は26歳の「タカラっち」さんです。プログラミング未経験からの転職に挑むため転職保証コースでJavaを学び、エンジニアへの転職を成功しています

TechAcademy(テックアカデミー)のインタビューは二人目です。エンジニア転職保証というのと、現役エンジニアがメンターになってくれるところが人気の要因のようです。

オンラインで自主学習が基本のようですが、勉強の中で躓いたり自力で理解することが難しい時に、現役エンジニアのメンターがスピーディーにわかりやすい回答をくれるのが魅力的ですね。

「タカラっち」さんのプロフィール

社会人2年目で、前職はメーカーで設計開発の仕事をしていました。

2020年7月に退社し、8-10月にプログラミングスクール受講、9月半ばくらいから転職活動を開始し、11月からSIerで受託開発のお仕事をしています。

現在は、運用保守フェーズのプロジェクトに参加し、主な業務は運用保守対応になります。

テックアカデミーはどのような形態のスクールでしたか

基本はオンラインテキストを使用した自主学習となります。slackを通していつでもメンターさんに質問することができます。

メンターさんのレスポンスはスピーディーですので、大体10分以内に回答がいただけ、30分待たされたなどといったことはありません。また週2回のメンターさんとの30分面談があり、自由に質問することができます

数あるプログラミングスクールからテックアカデミーを選んだ理由を教えてください

まず、未経験であったことから、転職に対して不安があったため、転職サポートを条件として探していました。その中で費用が一番安い(他の半額くらい?)と感じたため、テックアカデミーに決めました。

他にも、申し込み前の無料面談でテックアカデミーでは、実際にエンジニアとして働いている方から実情を伺うことができたため、メンターに力が入っているという印象を受けたことや、学習の進め方(自分のペースで進められる)、リモートで受講可能なことが理由としてあげられます。

スクールの総額費用を教えてください

30万程度だったと思います。

テックアカデミーで専攻したプログラミング言語と、なぜその言語を選んだのか教えてください

Javaです。転職保証コースはjavaが必須となっていたため、Javaを選択しました。

テックアカデミーのカリキュラムで学んだことで一番良かったことを教えてください

いざプログラミングを勉強するとなった時に、特に未経験ですと何から手を付けてよいのか分からないです。スクールを受講することで、体系的に学ぶことができます。

また、課題をこなすことで実装する力がついたことや、実務で役立つ知識をメンターさんから伺うことができました

テックアカデミーを卒業しプログラマーへの転職活動の中で苦労したことを教えてください

まず転職の市場として、コロナ禍ということもあり、求人を出している企業が少ないという現状がありました。また、その中で未経験を受け入れている企業となるとさらに数が絞られるため、会社の選択肢は狭くなってしまいます。

ただ、サポートいただいた方は徐々に戻ってきているとおっしゃっていたので、これから求人数は増えるものと考えられます。

転職活動では、異業界からの転職ということもあり、「なぜIT業界を志望しているのか?」や「IT業界で成し遂げたいことは何か?」といったIT業界への志望動機を強く求められました。

社会人経験が浅いからか、社会人としての能力というよりも、志望動機を中心に見られているような印象があり、IT業界への志望動機の深堀に苦労しました。

また、前職が製造業メーカーのエンジニアであり、何かを作るという点ではIT業界のエンジニアと被る部分があることから、「IT業界のエンジニアと製造業のエンジニアで違うことって何?」といったクリティカルな質問をされることも多く、IT業界のエンジニアにはできて前職ではできない事という観点で志望理由をまとめることには苦労しました

現在プログラマーの業務の中でテックアカデミーで学んだことはどれくらい活かせてますか

プログラミングスクールではjavaを学んでいました。

今現在の仕事は開発ではなく運用保守を行っている、ほとんどコーディングはしていません。仕事上、インフラに触る機会はありますが、コーディングをしていないという点で、プログラミングスクールで学んだプログラムを書く知識が直接活かされているということはないです。

ただ、javaを学んでいた事により、アプリの中身を理解する力は多少身についているため、関わっているプロジェクトのアプリのコードを見たときに全く内容が分からないという事態は避けることができました。

スクール受講時にメンターさんから、一つの言語を学んでいれば、他の言語で書かれていても構造的には理解できるとお話いただいており、今現在働いていて実感しています

プログラミングスクールで学んだことが直接活かされるという事は少ないかもしれませんが、まったく無駄になるということはありません。

だたし、カリキュラムで学ぶことはもちろん大切ですが、私の実感としてメンターさんとの面談で実際の現場のお話を積極的にし、業者間の折衝やお客様との折衝についてのイメージや注意点を把握しておくと役立つと実感しております

テックアカデミーに入ろうと考えている人、今通っている人にアドバイスをお願いします

そもそも未経験からIT業界に転職できるのかという点でとても不安でした。特にコロナ下ということもあり、転職自体可能なのかも分からない状態でした。

まず、転職市場に関して言うのであれば、徐々に求人は増えています。未経験の私でも10月時点で30社ほどの紹介がありました。転職サポートの方のお話では、4月は0に近かったがそこから徐々に戻ってきているとのことでした。

ですので、今から受講されて2ヶ月後に転職活動をすると考えるなら、私の時より求人は増え、転職しやすい環境になっていると思います。

転職まで考えた時、独学で完結できたかというと無理だと思います。やはり、勉強するうえで指針となるものがあった方が効率的に勉強できますし、メンターさんがいることで躓いて諦めてしまうといったことがなくなります。

そういった点で、プログラミングスクールを受講することは未経験からの転職においては最短ルートだと思います。

最後に、未経験から転職することは可能です。ただし、転職活動の際はIT業界への志望理由を強く求められます。裏を返せば、しっかりと熱意を伝えることができれば、転職は可能です。自分の熱意を伝えて、ぜひ転職を実現してください。

編集後記

タカラっちさんありがとうございました!

やはりプログラミング未経験の人には転職保証があるプログラミングスクールが人気ですね。未経験のプログラマーを採用する企業側も、独学で勉強して面接に来る人とスクール卒業して紹介で面接に来る人ではイメージが全然違います。

プログラミングスクールの転職サービスは、そのスクールが転職エージェントの活動もしているため企業とのコネクションがあります。

エージェントと企業との信頼関係がベースにあるため、0から独学で学び面接に来る人ではスタートラインが違います。

また、現役のエンジニアがメンターになってくれるところがプログラミングスクールの大きな魅力の1つだと思います。

プログラミングの技術的なことだけではなく、リアルな現場での注意点なども教えてくれるため、転職後に初めて現場に入るときの安心感が違います

TechAcademy(テックアカデミー)に興味がある方は、以下から問い合わせてみてください。

また、テックアカデミーは動画編集コースやマーケティングコースもあるため、興味がある方はお問い合わせください。

テックアカデミーを卒業した他の人のインタビューもご覧ください。

関連記事

この連載では、実際にプログラミングスクールを卒業してプログラマーへの転職に成功した人にインタビューをしていきます。空前のITエンジニア不足の日本、プログラミングスクールが日本のITの未来を救うのか!?卒業生の生の声を聞いて、プログラ[…]

その他のいくつかのプログラミングスクールについては、以下の記事で解説しています。

関連記事

この記事では、プログラマーが最終的に1000万円を目指すためにはどうすればよいかを解説します。 異業種からプログラマーへの転職を考えている人、いま正社員プログラマーとして働いている人、いまフリーランスの人。それぞれの境遇からどうすれば[…]