プログラマーとは?仕事内容、必要なスキル、気になる年収を徹底解説!


将来はプログラマーになって稼ぎたい
転職してプログラマーになって年収をあげたい
子どもの将来の事を考えてプログラミングを教えたいけど、プログラマーの仕事はきついのでは?
ニュースでプログラマーってよく聞くけど、どうゆう仕事をしているの?

など、プログラマーとはどういう仕事なのかを知りたい人は多いでしょう。

この記事は、学生時代から延べ15年以上プログラミングをしているフリーランスプログラマーの筆者が、プログラマーのリアルについて徹底解説します。

仕事内容から必要なスキル、年収事情、働く環境など、過去の自身の経験と周りの友人プログラマーからの情報をもとにまとめました。

かなり長文になりますが、これを読めばプログラマーの仕事について完全に理解することができます。

プログラマーとは

「プログラマー」とは、さまざまなプログラミング言語を用いてプログラミングを行い、WEBサイトやスマホアプリ、ゲーム、車のエンジンの制御などのシステムを開発する仕事です。

世の中のありとあらゆる機械やシステムがプログラムによって動いているため、プログラマーという職業は幅広い業界で必要とされています。

『ITエンジニア』や単に『エンジニア』とも呼ばれますが、エンジニアはSE(システムエンジニア)の意味も含むため、厳密には異なります。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システムエンジニアによって作られた仕様書の通りにプログラミングをするのが基本的な仕事です。

プログラミングと一口に言っても、作るものによってプログラミング言語が変わりますし、プログラミング言語以外に覚える内容も大きく変わってきます。

勤める会社や所属する開発チームによっては、プログラミング業務よりテスト業務が多かったり、環境によって左右されることは前提として覚えておいてください。

代表的なプログラマーの種類について仕事内容を見ていきましょう。

WEBプログラマー

WEBプログラマーが作るのは、WEBサイトです。企業ホームページ、ECサイト、SNSなど、ブラウザ上で動くシステムはすべてWEBプログラマーが作っています。

WEBサイトはブラウザ上で動作するフロントエンドと、裏側で処理をしてブラウザにデータを届けるバックエンドがあります。

それぞれを作るプログラマーを、フロントエンドエンジニアバックエンドエンジニアといいます。

フロントエンド開発で使われるプログラミング言語は、「HTML」「CSS」「Javascript」の3つです。Javascriptには複数の開発フレームワークがあり、「React」「Vue.js」「Angular」が人気です。

バックエンド開発で使われるプログラミング言語は、「PHP」「Ruby」「Java」「Go」「Python」など数多くの言語があり、開発するシステムや会社の好みによって使われる言語が変わります。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、ディレクターやデザイナーが作った仕様通りにプログラミングをして、キャラクターの動きやBGMやエフェクトなどを構築していきます。

現在のゲームはPlayStation、Nintendo Switchなどのコンシューマーゲーム、PCやSNS上で多くの人と一緒に楽しめるソーシャルゲームなどが人気です。

コンシューマーゲームの開発にはC++、ソーシャルゲームの開発には主にC#が使われています。ゲームプログラマーを目指す人は、これらの言語を学べばよいでしょう。

組み込みプログラマー

組み込みプログラマーの仕事は、車や家電、産業機器、医療機器など、あらゆる機械にプログラムを実装して制御できるようにします。

家電などすべてのモノがインターネットにつながる「IoT」の時代に突入しているため、いま組み込みプログラマーの需要は高まっています。

組み込みに使われるプログラミング言語は主に、アセンブラ、C、C++です。

プログラマーに必要なスキル・技術

プログラマーになるには、まずプログラミングが最低限出来ないといけません。

プログラミング能力は図りにくいものですが、最低限仕様書通りに一人でプログラムを完成させられる能力が必要です。実務未経験でもこの最低限のスキルがあれば雇ってくれる会社は見つかるでしょう。

任された業務の規模にもよりますが、一人で最後までプログラミングを遂行する場合と、複数人で1つのプロジェクトを担当する場合があります。

複数人で円滑に仕事が進められるように、最低限のコミュニケーション能力も必要です。

プログラマーのジャンルによってプログラミング以外に必要なスキルが異なりますので、見ていきましょう。

関連記事

プログラマーのコミュニケーション能力については、さまざまなところで議論が巻き起こっているが、この件に関しては個性や将来のビジョンなどによって変わるから答えは1つじゃない。 いまはダイバーシティ、インクルージョンの時代だよ。[…]

WEBプログラマー

名称の通りWEBに関する知識が必要になります。

クライアントとサーバーがどのように通信して制御されているのか、ブラウザのCookieなどの仕組み、Googleなどの検索エンジンで上位表示するためのSEOの知識も必要です。

知識があればあるほど重宝され、給料にも反映されます。

関連記事

WEBサイトを運用する上でSEOは必要不可欠な要素です。社内で内製でSEO対策をしたり、外部業者を使ってSEO対策をしたりさまざまです。 フロントエンドエンジニアがHTMLを構築する場合に、SEOのことをどれだけ知[…]

ゲームプログラマー

ゲームを作るプラットフォームやハードウェアについての知識はもちろんのこと、ネットワークに関する知識も必要です。

また、キャラクターや物の動きを設計するために数学や物理のスキルが必要になる場合もあります。

組み込みプログラマー

さまざまなモノに組み込みますから、組み込み対象となるさまざまなコンピューターやOSの知識が必要になります。

組み込みに多く使われるOSは「ITRON」や「T-Kernel」など聞きなれないOSです。組み込みプログラマーを目指す人は詳しく勉強しておきましょう。

プログラマーになるために資格は必要?

結論から言っておくと、プログラマーになるのに資格は必要ありません。

プログラマーは実力社会になるため、いくら情報系の資格をたくさん持っていてもプログラミングができないと仕事はありません。

ただし、未経験からプログラマーを目指す方は、面接時などの能力や熱量の目安になるため、以下の資格を取っておくとよいでしょう。

基本情報技術者試験

ITに関する幅広い基本知識を身に着けられます。これを取っておくと専門用語が多く飛び交う会話を理解できるなど、就職した後にも役立つでしょう。

PHP技術者認定試験

PHPの知識・技術を学べる試験です。PHPプログラマーを目指す人は合格して面接時のアピールポイントの1つとして使いましょう。

Ruby技術者認定試験

Rubyで開発を行う際に必要な知識を学ぶことができます。こちらもRubyエンジニアを志す人はとっておいてもよいでしょう。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語のプログラミング能力を測れる試験です。1級~3級までありますが、1級は難易度が高く、合格すれば面接時にC言語のプログラミング能力を大いにアピールできるでしょう。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle社が認定するJavaの資格です。Bronze、Silver、Goldと難易度が上がっていきますが、Javaプログラマーを目指す方はGoldを取得して面接時にアピールしましょう。

Python 3 エンジニア認定基礎試験

Python3の基礎知識を認定してくれる試験です。これを持っているから「PythonでAIを作れます!」とはなりませんが、知識レベルの判断目安となるでしょう。

プログラマーの年収は?年収1000万は可能?

プログラマーの平均年収は、20代で400万円程度、30代で500万円程度です。(某大手求人サイト調べ)

働く企業の規模によっても上下はしますが、プログラマーとして働き続けていても年収1000万円はほど遠いです。

プログラマーの年収については別の記事でがっつり解説していますので、以下をご覧ください。

関連記事

「プログラマーの年収は労働時間が長い割に低いんじゃないの?」というイメージがあると思います。 実際に筆者も未経験からプログラマーになり、現在エンジニア歴13年ですが、業界の実態を知らないと年収についてネガティブなイメージを持ちがちです[…]

また、年収アップを果たすにはキャリアアップを果たさないといけません。それについては以下の記事でとても詳しく書いてますので、そちらをご覧ください。

関連記事

この記事では、未経験のプログラマーからでも最終的に1000万円を目指すためにはどうすればよいかを解説します。 異業種からプログラマーへの転職を考えている人、いま正社員プログラマーとして働いている人、いまフリーランスの人。それぞれの境遇[…]

▼プログラマー年収ランキングの記事もどうぞ!

関連記事

プログラマーの全員が気になる年収ランキング。 プログラマーの年収の差は、会社員の場合は勤め先の規模とか利益の大きさにもよるが、やはりプログラミング言語の差がプログラマーの年収に最も大きな差をつけています。 2020年のプログラミング[…]

プログラマーの仕事はきつい?やりがいは?

プログラマーの仕事はきついというイメージが世間にはついてしまっていますね。

実際にネットの口コミで劣悪なSESの労働環境が書かれていますね…。言い方はアレですが、底辺プログラマーになってしまうと、劣悪で非常にきつい働き方になってしまう可能性が高いです。

プログラマーは能力主義ですから、能力がある人には大手で非常に給料も働く環境も良い企業からオファーが来ますが、能力がない人はSESで超人手不足の中小零細企業に放り込まれて、テストなどつまらない作業を長時間課せられる場合があります。

すべてはあなたの能力次第ですが、良い職場で良いチームで良い人と仕事ができ、素晴らしいプロダクトを完成させてローンチしたときの喜びは非常に大きいです。プログラマーはとてもやりがいのある仕事ですよ。

関連記事

プログラマーという職業が世に出てきてから、世間では『プログラマーの仕事はきつい』というイメージが色濃くついてしまいました。 皆さんのイメージ通りプログラマーの仕事は本当にきついのでしょうか? 特に『未経験からプログラマーになるの[…]

プログラマーの将来性は?

ニュースや新聞でジョブ型雇用というワードを聞いたことがあると思いますが、まさにプログラマーはジョブ型雇用に当てはまります。

これからは、声が大きいとか上司から気に入られやすいなど、実際は仕事ができない使えない人間より、『スキル』を持っている人が評価されます。(当たり前なんだけど…)

スキルを持っていれば年齢は関係ありません。中々50歳、60歳になってプログラマーをしている人は見かけませんが、将来的には70歳になってもバリバリプログラミングができれば仕事はもらえるでしょう。

プログラマーになって経験値を積めばフリーランスになる道もあります。場所も時間にも捕らわれない自由な働き方ができて、自分のライフスタイルに合わせて都合よく働ける最高のフリーランスになれます。

ただしITは技術の変化が激しく、末端のプログラマーは将来的にAIに仕事が奪われる可能性もあるため、常に新しい技術を学び続ける必要はあります。

関連記事

AI(人工知能)の発達によってプログラマーの仕事がなくなる、失業する? というテーマはメディアやさまざまなところで言及されています。 AIが発達してくると、本当にプログラマーの仕事は奪われてしまうのでしょうか?S[…]

未経験からプログラマーになれる?

文系の学生や他業種から転職を考えている人が一番気になるのが、未経験からプログラマーになれるかです。

文系の偏差値のそれなりの大学を出ていれば、新卒でプログラマーとして就職することは難しくないでしょう。

問題は中途で他業種からの転職です。年齢が上がるほど転職ハードルは高くなりますが、努力次第で誰でもなることはできます。

以下の記事で解説していますのでご覧ください。

関連記事

新型コロナの影響で失業や休業を余儀なくされている人は多くいます。そんな中でも需要が衰えていないのがITエンジニアです。 さまざまな業界でデジタルシフトが進む中、ITエンジニアはこれからも不足すると言われています。 新型コロナで仕[…]

関連記事

最近はテレビCMでもプログラミングスクールのCMが流れるようになって、プログラマーになるにはプログラミングスクールに通おう!という認識が定着しつつあります。 ITとは関係ない仕事をしている人も、「プログラマーに転職して手に職をつけたい[…]

どうゆう人がプログラマーにむいている?

未経験の人で自分がプログラマーにむいているのか、非常に気になりますよね?

他業種から思い切ってプログラマーに転職はしてみたものの、むいていなくて上手くいかず挫折したという話も多く聞ききます。

どうゆう人がプログラマーにむいているのか、答えは以下の3つです。

①プログラミングを楽しいと思える

②論理思考を持っている

③プログラミングが理解できてコミュニケーションスキルを持っている

これらの全てに当てはまっている人は、プログラマーにむいていると言えます。

①プログラミングが楽しいと思えれば自発的に勉強してスキルアップができます。

②普段から物事を筋道立てて考えられる人は、その思考がプログラミングの論理思考と同じになるため、学びがスムーズにいくでしょう。

③プログラマーは対人スキル著しく低い人が多いため、SEやPMへのキャリアアップが容易になります。

プログラマーになるには英語力が必要?

英語力はあるに越したことはありませんが、なくても大丈夫です。

英語の読解力があると、ネットの英語の記事を読むことができます。

プログラミング言語は世界共通言語のため、英語で書かれた掲示板や記事の方が圧倒的に数が多いです。

しかし現在は翻訳ソフトが優れているため、英語がわからなくても翻訳して読むことができるため問題ありません。

フリーランスエンジニアって?

フリーランスエンジニアとは、プログラマーやエンジニアが独立して個人事業主となり、企業から業務委託で仕事をもらって働く形態のことを言います。

フリーランスと会社員の違いや、フリーランスの実態、年収など以下の記事にまとめていますので、フリーランスエンジニアについてもっと詳しく知りたい人はご覧ください。

関連記事

プログラマーやITエンジニアとして働いている人は、誰でも”フリーランスになると年収があるのか?”が気になると思います。 エンジニア歴13年の筆者も、雇われエンジニアからフリーランスになって実態がつまびらかになりました。 プログラマー[…]

関連記事

「フリーランスエンジニアになれば会社員より稼げる」 「プログラマーに転職していつかはフリーランスになりたい」 「フリーランスエンジニアになって場所も時間も問わず自由に働きたい」 「フリーランスエンジニアになって年収1000万円稼ぎ[…]

関連記事

最近はテレビCMでもプログラミングスクールのCMが流れるようになって、プログラマーになるにはプログラミングスクールに通おう!という認識が定着しつつあります。 ITとは関係ない仕事をしている人も、「プログラマーに転職して手に職をつけたい[…]

フリーランスでプログラミングをする筆者からのアドバイス

長々とお読みいただきありがとうございました。

筆者はフリーランスでプログラミングとマーケティングの支援業務を行っています。

私がプログラミングの勉強を始めた高校生の頃を思い出すと、最初はまったく理解ができなく未知の領域だと思っていました。

しかし独学でさらに学びを進めていくと、あるところで「プログラミングとはこうゆうものなのか」と一気に理解が進む瞬間がありました。

プログラミングは論理的に処理されるものであるため、論理思考が頭の中にない人は、それを理解するまで苦しみます。しかし私と同じように気づく瞬間がいつかは来るため、諦めないで勉強を続けてください。

プログラマーは日本の今のIT化を支え、将来の日本の繁栄に大きく貢献する素晴らしい職業です。

関連記事

日本のIT人材・ITエンジニア不足は、ニュースやさまざまなメディアで取り上げられています。 菅政権に変わり、日本自体のIT化の遅れを取り戻すためデジタル庁を新設するなど、日本のIT人材不足はますます加速しそうです。 20[…]