プログラミングを独学orスクールで学んだ人が就職するために1番必要なこと


新型コロナの影響で休業や失業が増える昨今、異業種からプログラマーへ転向を考える人が増えてきました。

独学で勉強する人、高額なプログラミングスクールに通って勉強する人、さまざまな方法でプログラミング技術を習得しています。

そのようにプログラミングを学んだ人が就職するために必要なこと、すなわち面接時のポイントについて解説します。

関連記事も事前にご覧ください。

関連記事

新型コロナの影響で失業や休業を余儀なくされている人は多くいます。そんな中でも需要が衰えていないのがITエンジニアです。 さまざまな業界でデジタルシフトが進む中、ITエンジニアはこれからも不足すると言われています。 新型コロナで仕[…]

関連記事

日本のIT人材・ITエンジニア不足は、ニュースやさまざまなメディアで取り上げられています。 菅政権に変わり、日本自体のIT化の遅れを取り戻すためデジタル庁を新設するなど、日本のIT人材不足はますます加速しそうです。 20[…]

日本のプログラマー・エンジニアの採用事情は?

現在はどの業界でもエンジニア不足が深刻な問題となっています。日本は特にDXが必要な業界が多く、そのためにITエンジニアが必要とされています。

企業は喉から手が出るほど欲しているエンジニアですが、もちろん誰でも良いわけではありません。

新型コロナの影響で業績が悪くなり、それでもIT投資が必要なため、経験者に絞って採用をしている企業がほとんどです。

コロナ以前は、中途でもポテンシャル採用で業務未経験プログラマーを採用し、社内で育てて一人前にする、という企業が多かったです。

コロナ禍の現在は、業績低下で悠長に投資しているお金も時間も余裕がないため、経験者を中心に採用しているのです。

この記事のテーマである、プログラミングを独学で勉強した人、プログラミングスクールで学んだ人は『業務未経験』になるため、コロナ禍になり採用ハードルがぐっと上がりました。

コロナ禍でフリーランスが人気に

上記のように企業側の採用事情が大きく変わりましたが、プログラマーの採用を社員からフリーランスをメインにする企業が増えてきています。

それはなぜか?理由は2つあります。

[理由1]正社員で優秀なエンジニアを獲得できなくなった

これはコロナ以前からも同じでしたが、コロナ後にさらに加速しました。優秀なエンジニアは、どの企業も喉から手が出るほど欲しいです。

特に大企業は優秀なエンジニアの囲い込みを狙っています。潤沢な資金で優秀なエンジニアを高額な報酬で獲得しているのです。

働くエンジニア側の事情もここ数年で大きく変わってきました。

優秀なエンジニアほど独立してフリーランスになっていっています。その理由は単純に、フリーランスの方が稼げるからです。具体的な話は以下の記事をご覧ください。

関連記事

この記事では、未経験のプログラマーからでも最終的に1000万円を目指すためにはどうすればよいかを解説します。 異業種からプログラマーへの転職を考えている人、いま正社員プログラマーとして働いている人、いまフリーランスの人。それぞれの境遇[…]

[理由2]経済の先行きが不安で固定費にならないフリーランスを採用

コロナ禍になり、最近ワクチンができ始めてきましたが、まだまだ先行きは不透明です。

企業としても未来のために投資はしなければいけませんが、いざというときに守りに入れる体制も作らないといけません。

正社員としてプログラマーを採用してしまうと、その人件費は固定費になります。業績が悪化したときに正社員は簡単に解雇できないからです。

フリーランスであれば業務委託契約を1年、半年、3ヶ月単位で契約しておけば、万が一の時に契約終了で経費を減らせます。つまりフリーランスの人件費は変動費になります。

今回のコロナでは固定費が大きい企業ほど倒産していますからね…。

働くフリーランス側も、優秀なエンジニアであれば1つの企業が契約終了となっても、必ずすぐに他の仕事が見つかります。

それほど優秀なエンジニア不足が深刻ということです。

【結論】面接時に伝えるのはやる気と熱意

今のエンジニア事情がわかったところで、本題に戻ります。

独学 or プログラミングスクールで学んだ業務未経験者が、面接時にアピールするべきポイントは、「やる気と熱意」です。

「え、プログラミング能力じゃないの?」と思ったでしょうが、違います。

プログラマーを採用する側の企業は、独学やプログラミングスクールで学んだ人のプログラミング能力を把握しています。

中にはズバ抜けて優秀な人も1%くらいはいるかもしれませんが、ほとんどの人がどんぐりの背比べです。

独学、プログラミングスクール卒業生は、基本的なプログラミング能力はついているが、応用力やスピード、問題解決能力は経験者には全く及びません。

企業の面接で簡単なプログラミングテストをパスできるのは合格最低ラインで、後は人間性ややる気、熱意を見ます。

これからプログラマーの業務未経験として大変な経験をする覚悟はあるのか。変化が激しく常に学び続けなければいけないプログラマーという職業を続けられるのか、を見ます。

関連記事

プログラマーという職業が世に出てきてから、世間では『プログラマーの仕事はきつい』というイメージが色濃くついてしまいました。 皆さんのイメージ通りプログラマーの仕事は本当にきついのでしょうか? 特に『未経験からプログラマーになるの[…]

私からのみなさんへの面接を合格するためのアドバイスとしては、

「プログラミングという狭い視点ではなく、IT業界全体のことを勉強して知り、その業界で自分はどういったキャリアを歩みたいのか」

それを自分の中でしっかり定め、面接で話してみてください。

常に向上心を持って、学ぶ楽しさを持って、プログラマーという仕事を楽しんでいきましょう。