プログラマーってコミュニケーション能力は必要?


プログラマーのコミュニケーション能力については、さまざまなところで議論が巻き起こっているが、この件に関しては個性や将来のビジョンなどによって変わるから答えは1つじゃない。

いまはダイバーシティ、インクルージョンの時代だよ。

プログラマーの人種って?

私自身21歳からプログラマーになり、この業界で13年ほどやっているが、今まで出会ってきたプログラマーの9割はコミュ障だった。(中小企業のプログラマーだったため、偏りがあるかもしれないが)

私自身もしゃべるのがとても苦手だったし、高校生くらいまで吃音がきつかったし超あがり症で知らない人としゃべるのが億劫だった。

プログラミングと出会い、これなら自分が活躍できる舞台だと確信し必死に勉強した。

しゃべるのが得意でクラスの人気者で生徒会の会長をやって、営業職でバリバリ活躍できるって人が羨ましいなと思いつつ、プログラミングを勉強して稼げるWEBサイトを作って人気者の営業職よりも稼いでやろうと目論んでいた。

おそらく、プログラマーを志した人は、そうゆう人が大半なんじゃないかって思う。

極力人と交わらないで生きていこう、っていう陰キャの人たちが選びやすい職業なんだと思う。そこそこ給料も高いしね。

極論、コミュニケーション能力ゼロでも人より稼げる

「プログラマーもコミュニケーション能力がないといけない」っていう人は多い。

もちろん働く環境によっては、年次が経つと上流工程が必要になるところもある。

上流工程になれば他部署やクライアントと打ち合わせをすることもあるから、そういう場合はコミュニケーション能力をつけないといけない。

ただ、一日中一言もしゃべらず、一週間一ヶ月誰ともしゃべらず仕事をするプログラマーもいる。

現に私が20代前半の頃は、会社に来て「おはようございます」と言って、一日中プログラミングだけして「お疲れ様でした」と言って帰っていた日も多くあった。

それでも、いや、その方が業務は進んだし、別に人としゃべる必要もなかった。

チームで仕事をやっているとチャットツールを使う方が多いし、しゃべらずチャットで済ますこともできる。

「いやいや、そんなの仕事は人と人との協力で成り立ってるんだし、しゃべらないなんておかしいよ」っていう人もいるが、今は多様性の時代だから、そんなこと言う人の方が時代遅れと言われるだろう。

個性を尊重して将来のビジョンに合わせてコミュニケーションの必要性を考える

本当に人と話すことが苦手な人もいるし、それを克服できない直すつもりもない人もいる。そんな人にコミュニケーション能力を強要しても無意味だし効率が悪い。

往々にして苦手なことがある人は、その苦手をカバーするために他で得意なことを作る。

しゃべるのが苦手とか、しゃべるのが遅いとかいう人も、プログラミングをやらせるとめちゃくちゃ早かったりする。

マネジメントの基本でもあるが、個性をしっかり見極めて、長所を伸ばしてあげよう

ただ、本人が将来的にプログラマーからキャリアチェンジしてディレクターやPL・PMになりたいと考えているのであれば、話は変わってくる。

私自身もプログラマーとしてIT業界でのキャリアをスタートしたが、ゆくゆくはディレクターやPM、会社の社長になりたいと考えていたため、自分の吃音やコミュニケーション能力の低さをなんとか克服したかった。

そのために無理やり人としゃべる機会(合コン、キャバクラ)を設けたりして、特訓を繰り返した。

今でもしゃべるのは得意とは言えないが、前職の後半ではディレクター・PM、最後2年は社長職にもつけた。

今はフリーランスでマーケターとしても活動しているため、打ち合わせでのコミュニケーション能力はとても大事になっている。

まとめ

このように、必ずしもプログラマーもコミュニケーションが必要というわけではにため、現にコミュニケーション能力を強要されている人は安心してほしい。

コミュニケーション能力の必要性は、自分の今後のキャリアにそって考えたらいいし、無理に苦手を克服してつらい思いをする必要もない。

ただ、コミュニケーション能力があった方が仕事の幅も広がるから、少しずつ改善をしていく努力は将来の役にきっと立つだろう。