【年収830万円】中堅SIerでプログラマーからSE、メガバンクのシステム開発


今回のコンサルタント年収インタビューは、中堅SIerでプログラマーからSEを経験し、メガバンクの行員向けのシステム開発に携わる30歳の「suimen」さんです!

おそらくプログラマーになる人の人口の中で、中堅SIerでプログラマーからSE、PMになるキャリアが最も多いのでは思っています。

suimenさんはその通りのキャリアを順調に歩み、30歳で年収800万円越えを果たしています。かなり参考になるロールモデルだと思いますので、じっくり読んで是非ご自身のキャリアの一助にしてください。

中堅SIerでメガバンクのシステム開発に携わってきた「suimen」さんのプロフィール

suimenと申します。中堅SIerで新卒から働き、今年で6年目です。

これまでメガバンクの行員向けのシステム開発に携わってきました。

担ってきた役割としては、入社後2年間はメンバーとして設計・実装・テストを担い、その後はチームリーダーとして5名から20名規模のチームを担当してきました。

SEチームリーダーとしての現在の年収

残業代込みで830万円

プログラマーからSEリーダーまで経験したご自身の強みを3つ教えてください

・どれだけ大変でも粘り強く乗り越えられること

・難しいと感じることでもチャレンジすること

・誰とでも仲良くなれること

プログラマーになるには、どうすればよいですか

まずは1つの言語について一通り勉強して自分の土台を形成することが大切だと考えています。

1つの言語について大枠を把握できれば他の言語を習得するときにスピード感を持って習得することができます。

どの言語を最初に習得すべきというものはなく、自分が興味のある言語を触ってみれば良いと思います。

私は業務でjavaを主に使用しますが、初めて触った言語はmacやiphoneのアプリを作るobjective-c(今はswiftが登場しています)でした。今でも趣味でswiftを使ってアプリを作ったりしています。

『プログラマーの仕事はきつい』というイメージがありますが、プログラマー、SEを経験したsuimenさんの意見を聞かせてください

回答としては本当に案件次第だと思います。

順調に進んでいる案件であれば余裕を持って仕事をこなすことができますし、逆に難航している場合は日々何をしたか思い出せないくらい忙しかったりもします。

他にも自分のスキルとマッチしていれば作業は捗るでしょうし、メンバーとの相性も働きやすさに関係します。

案件にアサインされる前に上司にしっかり要望を伝えることで働きやすい環境で働ける可能性も上がるので、日頃から自分のスキル整理、自己分析、将来のキャリア検討を行うことが大切だと思います。

プログラマー、SEとして働く中での成功体験や転機を教えてください

1000人月規模のシステム開発でリリース後に大きな障害が発生することなく稼働させることができたこと

初めてチームリーダーとして参画したプロジェクトでした。

それまで携わってきたことから分野が大きく変わり、初めての顧客・初めてのリーダー・初めてのバックエンド機能を担当するなど、初めてのことばかりでキャッチアップすることが山積みでした。

さらに顧客から予算が十分に確保できなかったことや、コロナの影響で業務に遅延が生じたりで業務負荷も高い状況が続き…

ただリリースまでに何度もテストを重ねてはバグを見つけて修正し、リリース本番作業も何度もリハーサルを行い、リリース本番には何も不安のない状態で臨むことができました。

リリース当日は予測できない自体も発生しましたが、リハーサルを何度も行っていたことで、無事リリースも乗り切ることができました。

規模の大きいシステムは小さな障害が大きな業務影響につながることも多く、最初の2週間は24時間体制で会社に張り付き状態でしたが、大きな障害も起きず、顧客からもありがとうと言われたときには達成感が込み上げてきました。

自分が提案した画面サンプルが採用されたこと

入社後初めてアサインされた案件でプログラミングの経験もあまりなかったのですが、画面サンプルの作成を任されました。

HTMLとJQueryを使用しての画面作成で技術的にはそこまで大変ではなかったのですが、私はデザインに疎くあーでもないこーでもないと悩みながらの作成でした。

先輩にもアドバイスをもらいながら作成し、いざ完成したら次は顧客説明です。顧客説明も初めての経験でしたので前日から緊張でなかなか眠れませんでした。

説明は台本を暗記して説明している感が丸出し、緊張丸出しでしたが、とにかく一生懸命説明したことで顧客からは大きな指摘もなくOKを頂けました。

小さな成功でしたが、社会人として初めて顧客とやりとりしてOKをいただけた出来事だったので、とても嬉しかったことを覚えています。

プログラマーを目指す人にアドバイスをお願いします

これはITに関わる業種に限った話ではないかもしれませんが、自己分析を徹底的に行うことが大切だと考えています。

自分はどんな性格か、どんなことがやりたいのか、なぜそれをやりたいと思ったのか、将来どうなりたいのか、嫌いなことはなにか、etc…

私はここ1年前まで自己分析をせずに仕事をしてきました。結果として実は自分に合っていないような案件にアサインされていたり、自分でもそれに気付かずにただ毎日なんとなく大変さを感じたりもしました。

それに気付いて自己分析を始めてからは自分がやりたいことを上司に主張できるようになりましたし、その結果自分が働きやすい環境で働くこともできるようになりました。

今はやりたいことを実現するために転職することを決意し、新しい職場で働くのが楽しみです。

自分の気持ちは都度変わっていくと思うので、常日頃自己分析をすることをお勧めします。