【年収1000万円】ITインフラ案件のプロジェクトマネージャ

今回のプログラマーインタビューは、ネットワーク系やサーバ系、クラウド系等各種ITインフラ案件など、さまざまな案件でプロジェクトマネージャー(PM)を務める35歳の「すろおいあ」さんです!

大手SIerでリサーチャーやネットワークエンジニアとして業務をこなし、現在はプロジェクトマネージャーとして10年程度勤務されています。

プログラマーの経験はありませんが、プロジェクトマネージャーの目線でプログラマー、システムエンジニアについても語って頂きました。

プロジェクトマネージャー(PM)として働く「すろおいあ」さんのプロフィール

大学卒業後一貫してIT業界、システムインテグレーター(SIer)で従事しております。

最初はIT関連のリサーチャー、その後ネットワークエンジニアとして各種ネットワーク構築業務を担当。

現在は新製品の立ち上げ業務などにも携わりつつ、ネットワーク系やサーバ系、クラウド系等各種ITインフラ案件にてプロジェクトマネージャとして10年程度勤務をしております。

ITインフラPMとしての現在の年収

1000万円

ITインフラPMとして働くご自身の強みを3つ教えてください

・傾聴力
・幅広い経験と知識
・コミュニケーション力

プロジェクトマネージャーになるには、どうすればよいですか

一般的にプログラマー→システムエンジニア→プロジェクトマネージャーというステップを踏む場合が多いと思います。

そのステップの中で必要となるスキルも変わってきます。最初はとにかく担当する分野の技術スキルが重視されます。

その後、徐々にチームで仕事をすることや、お客様と仕事することが増えていくため、相手の意図をきちんとくみ取る聞く力や、自身の考えを伝える力が必要になってきます。

学生や年齢が若いときは、技術スキルをつけることが楽しく、そこにばかり目がいくかと思いますが、より早く上流工程に携われる人、上流工程で能力を発揮できる人というのは、傾聴力やコミュニケーション能力の高い人だと感じます。

プログラマーになろうとする方は理系出身の方も多く、この分野が苦手な方も多いかも知れませんが、聞くことや伝えること、論理的思考といった分野を少しでも早くから意識できているエンジニアは将来大きな差をつけることができると感じます。

『プログラマーの仕事はきつい』というイメージがありますが、PMの意見を聞かせてください

プログラマーとしての経験は無いですが、プロジェクトには納期が必ずあり、いつも余裕のあるスケジュールを立てることができるわけではありません。むしろ、余裕の無いスケジュールの方が多いと感じます。

そのため、プログラマーのみならずエンジニアとして働く厳しさ、キツさはかならず発生するかと思います。

ただし、そこを乗り越えることができた時の嬉しさは、かけがえのないものだと思いますので、冷静なもう一人の自分を作り上げることのできるプログラマーは成功する可能性が高いと感じます。

プロジェクトマネージャーとして働く中での成功体験や転機を教えてください

私はプロジェクトマネージャーとして長く業務をやっており、その中でも傾聴力やコミュニケーション力が大事だったことがいくつかあります。

トラブルプロジェクトに途中から参画することになった時

そのプロジェクトは、スケジュールが遅延している中、設計の手戻りが多く発生しており、待ったなしの状態でした。

私はプロジェクトマネージャー補佐という形で参画し、状況を整理していくと、お客様も我々のメンバーも同じことを言っているように感じました。

そこで、まずは我々のメンバーの意見を整理し図にまとめ、お客様と会話する事から始めてみました。

そうすると、同じようなことを言っているように見えた両者の意見ですが、最初の要件のところに微妙なズレがあることが認識できました。

そこまでくると、具体的な対応策が見えてきますので、1つずつ解決していくだけとなり、何とかスケジュールを元通りに戻しプロジェクトは成功に終わりました。

避けては通れないシステムの不具合に当たってしまったプロジェクト

エンジニアとして仕事をする以上、1度は通る道かと思いますが、最初はどうしても焦ってしまい意識が目の前のことに集中してしまいます。

このような時、プロジェクトマネージャーとしては、良い意味で一歩引いて全体を見渡した視点が必要になります。

ゴールを見据えながら、今何を優先すべきなのかを考える必要があり、チームに伝達する必要がありますが、メンバーは目の前のことで精一杯ですので、自身の判断を強制的に伝えるだけではチームの雰囲気が悪い方向に向かう可能性もあります。

そのため、メンバーの思いや状況を最大限くみ取りつつ軌道修正していくためにはコミュニケーション力が非常に大事であり、メンバーの些細な言動も見逃さず、タイミングを見ながら徐々に軌道修正する事でプロジェクトを成功に導くことができました

 

どちらの件に関しても言える事かも知れませんが、お客様もメンバーもプロジェクトを成功させたいという思いは同じであるため、相手を尊重しつつゴールへと導くことが重要になってくるのだと感じます。

プロジェクトマネージャー(PM)を目指す人にアドバイスをお願いします

先にも記載しましたが、将来大きな差を生むのは、聞く力や伝える力になってくると考えています。

論理的思考などが該当し、本などで勉強する事も大事になってくるとは思いますが、私が一番良いと感じるのは、相手の話を整理するとき、自身の考えを伝えるとき、ともに絵や図で書く癖をつけるという事です。

絵や図というと、絵心無いからと思う方もいるかも知れませんが、ここでいう絵や図というのは、漫画のような絵を書くという事ではなく、視覚的にも整理するということになります。

メリットとデメリットがあれば、それを2つのグループに整理して分けて書くといったことになります。

この程度であれば、箇条書きにすれば足りてしまいますが、プログラムの内容を説明するときにはフロー図にする、相手の話を整理するときには、それぞれの内容をグループ化してみるといったことが非常に大事だと思います。

最初は、わざわざ絵や図にするのが煩わしく感じる事もあるかも知れませんが、慣れてくれば頭の中で同じことができるようになり、認識違いがなくなったり、自分の思いが伝わらなかったりということが減り、楽しく仕事ができるようになってくると思います。