【年収860万円】大手IT企業でシステム導入コンサルタント

今回のコンサルタント年収インタビューは、慶応義塾大学を卒業後にソフトウェアベンダーに就職、10年間勤務後に大手IT企業に転職し、現在はシステム導入コンサルタントとして働く35歳の「Ryo」さんです!

ITコンサルタントとして働く中での失敗経験や、失敗から学んで成功体験を得た話など、現場でのリアルな体験を聞かせて頂きました。

ITコンサルタントへ転職するための具体的な手法も聞きましたので、ぜひ最後までご覧ください。

ITコンサルタント「Ryo」さんのプロフィール

慶應義塾大学を卒業後、ソフトウェアベンダーに入社し、保守コンサルタントや導入コンサルタントとして10年間勤務

その後2019年に大手IT企業に転職し、現在はシステム導入コンサルタントとして人事・給与・勤怠・タレマネ領域のPJTにおけるチームリーダーを担当しています。

現職では主にSaaS型のシステム導入しています。カスタマイズを前提としたプロジェクトに比べ、Saas型はお客様の業務にシステムを合わせるのではなくシステムに業務を合わせてもらうのが特徴です。

そのため、新システムでできないことを先手先手で伝え、システム外での代替策を合意するといった交渉力が求められる仕事です。

こうした交渉力を身に付けたことで、コロナでフルリモートでの会議になっても支障なく業務を続けることができています。

ITコンサルタントに従事する現在の年収

860万円

大手企業でITコンサルタントとして働くご自身の強みを3つ教えてください

・業務知識(人事・給与・タレマネ)、スパイラル式導入のノウハウ

・資料作成スキル

・交渉力

ITコンサルタントになるには、どうすればよいですか

業界の知識、業務の知識、開発経験のいずれか1つでもいいので専門領域のスキルアップを計ることだと思います。

私の場合は業務知識からでしたが、他にも特定の業界の知識をいかしてセクターコンサルになる人や、開発上がりでシステムの仕組を熟知しITコンサルになる人も多くいます。

『コンサルタントの仕事はきつい』というイメージがありますが、大手IT企業で働くRyoさんの意見を聞かせてください

コンサルになりたてのころは、プロジェクト後半になるにつれて仕事はきつくなっていくものだと考えていました。

しかし現在は、各フェーズごとにどういったことを抑えておけば後々きつくなることはないといったことがつかめてきたので、自分のプロジェクトコントロール次第ではないかと考えるようになりました。

大手でITコンサルタントとして働く中での成功体験や転機を教えてください

私はある働き方改革対応に向けた社員の勤怠管理システムの導入を行っていました。

プロジェクトは要件定義、設計、設定、単体検証と順調に進めていきましたが、一部の社員に公開範囲を拡げ検証を実施したところで、著しくユーザビリティが低く稼働に耐えられないという評価となり、1度目の遅延が決定しました。

その後、ユーザビリティの問題点に対し個別に要件変更を行い、再設定などを行いましたが、要件を変更する度に新たな課題が生まれるスパイラルにはまり、リスケジュール後の稼働間近でも再度遅延が決定。

最終的に、「期限までに発覚しなかった課題は稼働後に変更を行う。発覚した課題の中でも優先度を決めて対応を行う」とすることで、なんとか稼働の合意を得るかたちになりました。

このことから私は
①要件定義→開発→検証→稼働という一方通行のウォーターフォール型ではプロジェクトは成功しない
②開発→ユーザーテスト→要望出し→仕様決め→開発を1セットとして3回以上行うステップがベスト
ということを学びました。

今回の勤怠管理システムのように、ユーザービリティが稼働判定の大きな要素を占めるプロジェクトの場合は、机上で要件を固めることよりも早くプロトタイプを作って触ってもらうことが重要だと考えています。

私はその次のプロジェクトにおいて、開発タイミングを3回に分けることを提案。

それにより遅延しがちな要望出しや仕様決めを期限内に終わらせることができ、あらかじめ3回と決めておいたことでお客様も開発側も「稼働までは次が最後」という共通認識を持つことができました。

最終的に3回行っても残課題が残るということに変わりはありませんでしたが、何の異論もなく稼働判定の合意に至ることができたことは、大きな違いだと感じました。

ITコンサルタントへ転職を目指す人にアドバイスをお願いします

転職をする前に、まずは目標とするコンサル会社に自分の活かせる領域があるのかを確認し、そのアピールポイントを高めることを目標として現在の仕事に取り組むといいと思います。

私の場合、もともと給与業務の中の狭い範囲のコンサルタントをしていたのですが、転職をする上ではもうひとまわり幅広い領域で、かつマネジャーになっておいたほうがコンサル会社からのニーズがあると知りました。

それから人事・給与全般の導入コンサル部門に異動希望を出し、マネジャーになるといったアクションをとったことが、良い転職につながったと思います。