半袖シャツにネクタイはNG?ビジネスにおける半袖ワイシャツと面接時のマナーを徹底解説!

ビジネスマンはビジネススーツを身にまとっているのはもちろんですが、暑い夏場はクールビズ期間とする企業も多く、その期間は半袖ワイシャツの着用にネクタイをせずに出社するというスタイルで仕事を行うビジネスマンも多いでしょう。

しかし、ここで注意すべきことがあります。実は、半袖ワイシャツを着用する際、時にマナー違反となることもあるため、特に面接時などに注意が必要です。

そこで今回は、あなたが仕事で半袖ワイシャツを着用するスタイルについて様々な疑問を解決していきます。半袖シャツを着用した時にネクタイをするのかしないのか、また、就活等の面接時のルール、さらに、クールビズに準じて半袖ワイシャツの着用を行う方が注意すべき点について、様々な情報をそれぞれ詳しく解説していきます。

半袖シャツを着る時はネクタイが必要?不要?

夏になると、フレッシュな装いでビジネスを行うという会社や企業も多く、クールビズを推奨し、毎日のビジネススタイルに半袖シャツを着用するビジネスマンが年々増えつつあることをご存知ですか?

その時に多くのビジネスマンが疑問に思うことは、半袖シャツを着用する時は、通常のジャケットスタイルの時と同じくネクタイを付けるのかということ。

これについてはビジネスマナーに含まれるルールとなるため、しっかりと理解しておくことが大切です。この後は、あなたが半袖シャツを着る場合のネクタイの必要性について詳しくみていきましょう。

-半袖シャツを着る時はノーネクタイにしよう

ビジネスマンとしてのマナーのひとつに、半袖シャツ着用時は、ネクタイを付けないというのが基本ルールです。そのた、め、クールビズ期間内に、もしもあなたが出社の際に半袖シャツを着るという場合は、ネクタイを付けることはないということが分かります。

-ジャケットを着るのはマナー違反のため注意!

半袖シャツを着用する場合、ジャケットを着るビジネススタイルにはなりません。半袖シャツを着用しながらもジャケットを羽織っていれば、ネクタイをしても良いなど、ビジネスマンが着用するスーツのルールに反する考えを持つ方も中にはいるかもしれません。

しかし、このスタイルはビジネスマンとしておすすめできません。そのため、着用スタイルをよく確認して選ぶようにしましょう。

半袖シャツの4つの着こなし方のポイントをご紹介!

次にみていくのは、あなたがクールビズ期間に半袖シャツを着用するという場合、どのような着こなしをすればカッコいいビジネスマンとして見えるのか、以下に4つの着こなし方のポイントを確認してみましょう。

-ポイント①シンプルな半袖シャツを選ぶ

柄物のシャツはビジネスマンとしておしゃれ度も高く、ファッション性を重視した場合、つい柄物のシャツを選んでしまいそうになります。しかし、実はそれはNGです。

半袖シャツはシンプルの無地、また、夏の暑さを感じさせない清涼感のあるサックスブルーなどの色のシャツを選ぶと良いでしょう。

-ポイント②ビジネスシーンに即したコーディネートを行う

ビジネスシーンにおいて、クールビズスタイルが可能な場合、最近ではデザイン性が高く、ファッションを楽しめるようなスタイルを作り上げることができる半袖シャツが多く販売されています。

しかし、ビジネスにおいて常識の範囲内で、かつTPOに準じて選ぶようにしましょう。取引先の方や企業に対し、失礼に値することのない半袖シャツ選びを行うことが大切です。

-ポイント③半袖シャツ着用時は第一ボタンをオープンに

半袖シャツを着用する際は、シャツの第一ボタンはオープンにして着用しましょう。そうすることで、夏の暑い日も爽快感のあるイメージのビジネスマンに見え、カッコいいスタイルを作ることができます。

-ポイント④股上が浅めのスラックスをチョイス

あなたが半袖シャツを着用する期間は、ウエストラインをあえてすっきりとしたラインに見せることができる股上浅めのスラックスを選ぶようにしましょう。脚長効果も期待することができるため、スタイルアップにつながります。

半袖シャツ着用時のマナー

半袖シャツを着用する際は、いったいどのようなマナーがあるのでしょうか?以下に守るべきルールを2点確認しておきましょう。

マナー①人と会う場合は半袖シャツはNG

多くの企業において、半袖シャツの着用を可能としている場合は、社内で会う人同士の間では半袖シャツ&ノーネクタイのスタイルは特に問題はありません。しかし、一歩社外へ出て、人と会う場面があるという場合は、半袖シャツのスタイルはマナー違反と捉えられるでしょう。

そのため、社外へ出る場合は、通常のビジネススーツスタイルとなる、ジャケット、長袖シャツ、ネクタイのスタイルで出掛けるようにしましょう。

マナー②訪問先へは通常のビジネススタイルで

通常、取引先や大切な商談、契約など、かしこまった場所を訪れる場合は、半袖シャツのスタイルではなく、必ず通常のビジネススタイルで訪問するようにするのが常識であると言えます。

しかし、先方からあえてクールビズを伝えられているなどという場合は、その指示に準じて訪問するようにしましょう。

クールビズが認められる面接のスタイルと注意点

転職など、新卒者採用の季節ではない時期に面接を行うという方もいます。その場合、実際にあなたはどのようなビジネススタイルで面接に臨むことが正しいのか、また、クールビズだからこそ面接時に注意が必要です。

ここからは、クールビズが認められる面接時の注意点を以下に4点まとめてみました。

-そもそもクールビズのスタイルとは

クールビズとは、ノージャケット&ノーネクタイスタイルとなり、そこにスーツのパンツを合わせるスタイルです。シャツは半袖シャツと長袖シャツの時でもネクタイを付けないのが基本です。

-注意点①シャツのボタンを必要以上に開けないこと

会社側から面接時のクールビズについての提案があった場合、面接官に対してあなたの第一印象を良いイメージに捉えられるよう、シャツのボタンは第一ボタンまで開けておくのが常識の範囲内です。それ以上に開けすぎることのないようにしましょう。

どんなに暑い日でも、クールビズを提案してもらえただけでも有難いという気持ちを持って、常識に反しないビジネスマナーを守った面接の服装を心掛けるようにしましょう。

-注意点②迷った時はクールビズを避けること

大々的に会社側から面接時のクールビズを提案されている場合はその指示に従うのが常識です。しかし、どちらのスタイルでも良いというような指示だった場合、判断に迷うこともあるでしょう。

その際は、あえてクールビズのスタイルで面接に臨むことは避け、一般的なビジネススーツを着用し、ネクタイをして面接を受けるようにしましょう

これはよりあなたの誠実さを企業側へアピールするチャンスです。どちらにするか迷う場合は、しっかりとしたスーツスタイルで面接を受けることをおすすめします。

-注意点③派手なデザインのシャツはNG!

半袖シャツを着用して面接を受ける際にシャツを選ぶ時は、半袖シャツとは言え、ファッション性を重視したデザインのシャツも多く、そのようなシャツは面接には不向きなため購入は避けてください。

面接官に対する印象も悪くなる可能性があるなど、シャツ選びには十分注意してください。

-注意点④-第一印象を良くする意識を持つこと

本来、面接時にクールビズスタイルであった場合、シャツの第一ボタンは開けたスタイルにするのが一般的です。しかし、あなたの印象をより良くするにはボタンはしっかりと留めておく方がイメージアップにつながります。

入社後であればボタンを開けたままでも良いですが、よりあなたの人柄を良くアピールするためにも、見た目の印象を良くしておくことが大切です。

まとめ

あなたのビジネススタイルで半袖ワイシャツを着用するなら、ネクタイの必要性があるのか、また、就活の面接時のルール、そしてクールビズを取り入れる際の注意点など、様々な情報をそれぞれ詳しく解説しました。

ビジネスマンのビジネススタイルには様々なルールやマナーがあることが分かりました。特に夏の暑い季節になると、企業側がクールビズを取り入れ、その期間に面接を行う場合はクールビズスタイルを取り入れるなど、普段とは異なる面接方法を行う企業も増えています。

そのような時のスーツスタイルは多様化しつつ、そして柔軟化しているとは言え、やはりビジネスマンとしてのスタイルをしっかりと確立させることが大切です。

ここでご紹介した様々な情報をもとに、スーツスタイルについて守るべきマナーや、面接時のマナーなど、再度確認を行い、あなたもできるかっこいいビジネスマンを目指してください。