社会人は整髪料・ワックスが必要?つけない?【年代別おすすめ整髪料を紹介】


社会人になって髪のセットの必要性について疑問に思う人は多いでしょう。

特に新社会人になった20代前半の男性たちは、整髪料・ワックスを使って髪を整えてから会社に行くべきなのか迷います。

周りの友人や同期が整髪料・ワックスをつけていないから、それを真似してつけなくて良いのでしょうか?

この記事では、そんな20代男性の悩める整髪料・ワックスの疑問についてお答えします。

年代別のおすすめ整髪料も紹介していますので、最後までご覧ください。

【結論】社会人は整髪料・ワックスを使って身だしなみを整えるべき

「周りの人が整髪料をつけていないから自分もつけなくてもいいや」と思っているアナタ、明日からはワックスでしっかりセットしてから職場に行きましょう。

ワックスをつけずに仕事をしてても問題ない職種の人もいますが、基本的に外部内部関係なく人と接して仕事をする人は、きちんと髪を整えましょう。

整髪料の必要性、身だしなみの重要性を解説していきます。

営業マンもリモートワーカーも髪の身だしなみは重要

皆さんは普段から整髪料を使っていますでしょうか?

多くの人に会う営業マンにとって見た目の印象は何よりも大切。特に髪の毛はその中でも特に目立つ部分なので、ここをきちんとしていないとだらしない人のように思われてしまいます。

また、最近は家の中でリモートワークが主体になっているビジネスマンも多いのではないのでしょうか?

「家にいるだけだから髪は適当でいいだろう」「誰にも見られてないし寝癖のままでいっか」と思うかもしれません。

しかし、Zoom等を利用したビデオによるWeb会議なども徐々に増え始めている今、家の中にいても整髪料できちんと髪の毛を整えるということはとても重要になっているのです。

私たちは目に見える情報が相手の印象の50%を決めてしまうと言われています。

髪の毛を整えていなく見た目のイメージからあまりきちんとしてない人だな、、という印象をもたれてしまうと仕事が出来る、出来ないという以前の問題になってしまうでしょう。

髪の毛を整えることはもはや最低限のマナーになりつつあります。

関連記事

面接でも商談でも飛び込み営業でも、第一印象が大事 ビジネスマンであれば、さまざまな場面で人に出会い、交渉や商談を行います。 日常的に初めましてで出会う人が多い場合は、特に第一印象を良くするために髪型には細心の注意を払い[…]

ビジネスマンが整髪料をつけない、使わないとどうなるか

整髪料は身だしなみを整える上でとても大切重要なのですが、「そうは言っても面倒くさい」「別に寝癖さえなければいいんじゃない?」と思う人も少なくないかもしれません。

しかし、きちんと整髪料を使って髪を整えることで相手に与える印象というのはガラリと変わります

ワックスなどの整髪料をつけないでいた場合、髪の毛がまとまらず広がってしまい、時間がたつとぺしゃんこになり、寝癖がついてなくとも身だしみに気を使っていない印象となります。

また、髪の毛がパサついて見えてしまい、清潔感までもってない人のように思われてしまうかもしれません。

整髪料を使って髪のセットをすると言っても、簡単な髪型であれば5分〜10分で終わります。そのため、朝が忙しい人であってもそこまで時間がとられてしまうわけではありません。

むしろ、その時間を惜しんでしまったが故に、相手にあまり良くない印象を与えてしまうというのはとても勿体ないことではありませんか?

こういった身だしなみは客先だけではなく、会社の上司や後輩などにも見られています。

会社の人間にだらしない人間だなと思われてしまうと、今後のキャリアアップにも響くかもしれません。

そのため普段から整髪料を使って常にきちんとした印象を与えられるようにしましょう。

関連記事

髪に艶感を感じられず、パサつきが気になるという男性も多いのではないでしょうか?髪がパサついたままでは、ビジネスにおいても社会人としての身だしなみに欠けてしまいます。 そこでこの記事では、男性の髪に潤いを与えることでどのような効[…]

男も髪のツヤでイメージアップ!社会人の髪ツヤケア

髪のツヤも重要

髪型や髪のセットも重要ですが、髪のツヤにもこだわりましょう。

パサパサの髪より、ツヤがあってまとまりのある髪の方が印象は良いですし、女子にもモテます◎

オールバックで清潔感とできるオトコを演出

ビジネスマンにおいて特に清潔感もあり、なおかつ仕事もできるオトコを演出できる髪型というとやはりオールバックが挙げられます。

オールバックにする利点というと1つは一目で分かるビジネスマンらしさでしょう。

おでこを全開にしてキリッと決めた姿はスーツととてもよく似合い、親和性が高いです。

心理学的にもおでこを見せるということは「相手に隠し事がない」と印象付けることができ、誠実なイメージをもたせることができるます。

2つ目の利点としてはセットがとても楽にできるというところです。

まだ、髪の毛をセットするのに慣れていないという方は、少し前髪のいじるショートヘアや髪の毛を立たせるベリーショートにセットするのは、難しいと思うかもしれません。

しかし、オールバックは髪の毛を細かく形つける必要はなく、髪をかきあげるだけなのでとても簡単にセットできてしまいます。

また、オールバックの似合う代表的な芸能人というとTOKIOの「長瀬智也さん」や、俳優の「竹内豊」さんなどがいます。

どちらも男性的なイメージが特徴的で2人のオールバック姿を参考にしてみるのも良いかもしれません!

サイト運営者の中川が使っているワックスを紹介!!

当サイトを運営するNYマーケティング株式会社の代表中川が使っているワックスはこちら↓↓

かれこれ3年はこのワックスです。(弟も同じやつ使ってましたw)

朝髪全体を濡らして、軽くタオルで水気をふき取った後に、ざっとワックスをつけるだけで完了です。めっちゃ楽◎

整髪料の種類を紹介

整髪料といってもたくさんの種類があります。最初は何を選べばいいかわからないと思うので、ここでは大まかに4つにわけて整髪料を紹介したいと思います。

ワックス

現在、男性の整髪料で最も代表的なものがワックスになります。

特徴としては粘り気があり、クリーム状の物が多いです。

また、ワックスの種類にもよりますが、ガチガチに固めるものではないので、とてもナチュラルにスタイリングができるのが特徴です

髪の硬い人はハードタイプ柔らかい人はソフトタイプといった髪質ごとに種類を選びやすいのも特徴です。

どうゆうワックスを使ったらいいか迷ったときは、オーシャントリコがおすすめ!美容室でも使われていて、髪質に合わせてさまざまな種類があります。

関連記事

多くの人と接する機会のあるビジネスマンにとって見た目の印象を左右する髪の毛のセットは何よりも大事。 その中でもワックスをしっかりと使いビシッと決めた姿が一番かっこいいとされています。 しかし、ただワックスを適当に選ぶのではあまり良く[…]

オーシャントリコって?デキるビジネスマンはワックスで整えよう

▼おすすめワックス

ジェル

ジェルはワックスよりも髪をがちっと固めることができるゼリー状の整髪料で、水ニ濡れたような艶やかな質感をもたせることができるのが特徴です。

髪が短めの人が髪を固めたい時によく使われるものになっています。

▼おすすめジェル

ポマード

ポマードもまた固める力が強くオールバックをするのに適した整髪料です。

ポマードは油性のものと水溶性の2種類があるのですが、現在は艶っぽさが出て、伸びやすい水溶性のポマードが主流となっています。

ジェルとの違いは水溶性のポマードの方がかっちりと固まりにくいという特徴があります。

▼おすすめポマード

ヘアムース

ヘアムースは泡状の整髪料となっています。髪全体に軽く塗布することができます。

ヘアムースは、種類を使い分けることで異なる仕上がりにできるというところが特徴的で、潤い感を出せるソフト整髪力が欲しい時にはハードぱさつきを抑えたり水感を出したい時に使えるウェットタイプなどがあります。

▼おすすめヘアムース

髪質の違いで整髪料を使い分けよう

ひとえに髪の毛といっても髭の濃い人薄い人がいるように、人それぞれで髪の毛の質も異なり、髪質には大きくわけて硬く太い剛毛タイプの人と柔らかい軟毛タイプの人がいます

髪の毛が硬く、たおしてもすぐに立ってしまうような剛毛タイプの方は、整髪力、キープ力に高いジェル、もしくはポマードがおすすめです。

そうすると広がりを抑え、きちっとしたスタイリングをキープすることができます。

軟毛の人は、ハードタイプのものやジェルなどを使うと、重さでぺったんこになってしまうことがあるので、ドライタイプの軽いワックスを使用するのがおすすめです。

そうすることでフワッとした自然な仕上がりにできます。

また、少し例外ですがパーマの方は、ヘアームースを使用することで癖毛の流れを生かしたヘアスタイルにできます。

年代別でおすすめの整髪料

20代におすすめの整髪料

社会人になりたての20代はまだまだ砕けすぎず、シンプルでフレッシュな髪型が多いと思います。

そのため、爽やかなイメージをもたれやすいソフトワックスや、ふんわりとした雰囲気を出すことができるソフトムースなどがおすすめです。

30代におすすめの整髪料

部下も持ち始め、色々な人と接する機会が増える30代では、部下の手本となるような男らしさをだしつつ、清潔感も考えなければなりません。

そのため、きちっとした印象を与えることのできるジェルや、ツヤ感を与えることのできるウェット形のムースなどがおすすめです。

40代におすすめの整髪料

40代になってくると髪の毛のボリュームなどによって、スタイリングが思うようにいかないことが増えてくるかもしれません。

そのため髪の量が少なくても目立たない短髪に適した整髪料を選ぶのが良いでしょう。

短髪でもマットな仕上がりを望む人はマットタイプのワックス艶を出したい方は短髪でもキープ力のあるジェルがおすすめです。

まとめ

以上、ビジネスマンが整髪料を使用して髪型を整えた方が良い理由、それに適した整髪料を紹介してきましたがいかかでしたでしょうか?

人と接する機会が多いビジネスマンが髪の毛を整えるということは、最低限のマナーとなりつつあります。

髪の毛がボサボサで第一印象が悪く、相手に見かけの段階であまり誠実ではないのではないか?と思われてしまう人はビジネスチャンスも訪れなくなってしまいます。

整髪料をきちんと使いこなし、身だしなみを整えることは仕事の成功の第一歩なので、ビジネスマンとして朝の髪のセットを習慣化できるようになって損はないでしょう。

ドライヤーにもこだわるオトコにおすすめ↓↓

関連記事

多くの人と接する機会のあるビジネスマンにとって見た目の印象を左右する髪の毛のセットは何よりも大事。 その中でもワックスをしっかりと使いビシッと決めた姿が一番かっこいいとされています。 しかし、ただワックスを適当に選ぶのではあまり良く[…]

オーシャントリコって?デキるビジネスマンはワックスで整えよう