サラリーマンのヒゲはNG?ビジネスマナー違反になるって本当?


社会人の男性は、ビジネスマンとして、また、営業マンなどのサラリーマンとして働いています。そんな男性の中で、ヒゲが生えている方を見て、あなたは何を感じますか?中にはヒゲがあるからと言って、何の制約も受けないという方もいます。

しかし、大半の男性はビジネスシーンにおいてビジネスマナー違反になると言われます。では、実際に、ビジネスマンとして働く男性にとって、「ヒゲ」はNGとなるのでしょうか?

そこでここでは、サラリーマンのヒゲがビジネスマナー違反になると言われる真相について徹底解説していきます。

髭の役割とは

男性は、思春期頃からホルモンバランスの影響から髭が生え始めます。とは言え、この髭にはいったいどんな役割があるか考えてみても、あまり何かに役立つという存在ではなさそうです。それでも人間としてホルモンバランスの影響から髭が生えることを避けることは難しいとされています。

この髭は、時にプライベートシーンなどではおしゃれ髭として、ファッションコーディネートに取り入れることができるとても重要なものとなっています。そう考えると、髭は男性になくてはならないものとも捉えることができます。

しかし、サラリーマンがビジネスシーンで髭を生やしていたら…。その印象は周囲の人にとってどのように映るかが気になります。日本ではビジネスマンが髭を生やしているということはタブーとされる風潮です

詳しいことについてはこの後詳しく解説していきます。

社会人の髭が周囲に与える印象

男性ホルモンの影響から、男性には必然的にヒゲが生えてきます。そんなヒゲを適切にケアしている方、あるいはヒゲに対して特別なお手入れを行っていないという方もいるでしょう。

では、そんな社会人男性の「ヒゲ」が周囲に与える影響について詳しく探っていきましょう。「ヒゲ」は周囲の人にとってどのように映っているか以下に「ヒゲ」に対する印象をまとめてみました。

-ヒゲに対する印象①不衛生で不潔な印象を持つ

ヒゲのある男性を見た第一印象として多くの方が感じるのは、やはり「不衛生である」「不潔に見える」など、あまり良いイメージではありません。これは、あまりにヒゲが長い場合は、食べた物がヒゲに付着することや、ヒゲを剃った時に青髭に見えることが不潔に思えるなど、様々な意見があるからです。

また、ヒゲは髪の毛とは異なり、伸びるスピードも速く、適切なお手入れを行わない限り、伸び放題になり、より周囲の人から不潔な印象を持たれてしまいます。また、ヒゲの長さもまばらになり、放置することで見た目も悪くより不衛生に見られてしまうでしょう。

このような印象となることを避けるためにも、適切なヒゲのお手入れを行うことが大切です。

-ヒゲに対する印象②見た目にカッコいいと思われることも

今の時代はヒゲをデザインし、おしゃれヒゲとすることがファッションコーデのひとつとなっています。そのため、きれいに整えられ、デザインされたヒゲであれば、見た目の印象も華やかでかっこよく、そして強いイメージに映るため、好まれることも多いです。

意外にもヒゲのある男性は女性にモテる傾向にあり、デザイン髭を作る男性も増えています。

―ヒゲに対する印象③威厳があるように見える

ヒゲがあるだけで、その人の第一印象は確実に変わると言えます。実際、ヒゲが生えている男性は、より男らしい印象を受け、女性にモテることも多く、威厳があるように見えることも。

女性からモテることは嬉しいことですが、あまり威厳を強く全面に押し出しているとどうしても周囲の人に威圧感を与えてしまうこともあるため、ビジネスシーンにはマナー違反に捉えられることの方が多いと言えるでしょう。

-ヒゲに対する印象④中にはヒゲに抵抗のある女性もいる

ヒゲは人によってカッコいいという印象に映る場合と、やはりヒゲに対して抵抗のある女性もいるため、あまりヒゲが生えていることを受付ることができないという人もいるということを知っておくことも大切です。

また、ビジネスにおいては、周囲の人に対する印象が会社の業績に直結することも多く、ビジネスマナー違反に捉えられることも多いです。そのため、あなた自身のヒゲのお手入れには十分注意することが大切です。

 

髭はあった方がいい?それともない方がいい?

ヒゲの存在は、きれいにお手入れを行い、適切なケアしている場合は有ると良いと言われることも多いようです。しかし、ビジネスマンとして社会へ貢献し、会社の看板を背負って働く以上、周囲の人や取引先の人に対しての印象はとても大切なものだと言えます。

そのような人と対面した際、ヒゲがあることとないことでは大きくあなたの印象が左右されることになります。プライベートでヒゲがあることと、ビジネスシーンでヒゲがあることではずいぶんその必要性も異なります

このようなことから、髭は絶対になければいけないものと捉えることはなく、ビジネスシーンでは無い方があなたの印象度がグッと変わってくることになると言えるため、しっかりと毎日お手入れを行うことをおすすめします。

 

ビジネスマナーの基本から習得しよう

ビジネスはあなた一人で成し遂げることはできません。多くの方と協力し、会社に利益となることを考え、ビジネスチャンスを掴んでいくことも大切です。そんなあなたがビジネスを円滑に行っていくためには、最低限守るべき「ビジネスマナー」があります。

ここからは、あなたが習得すべき基本的な「ビジネスマナー」についてひとつずつ詳しくみていきましょう。

-ビジネスマナーの意味

「ビジネスマナー」の「マナー」とは、相手に対して不快な思いをさせないためのあなたが行うべき基本的な「礼儀作法」のことを指し、社会人として守るべき常識的なこと、かつ、自発的に行うことと捉えられています。

つまり、言い換えると、ビジネスを円滑に行い、成功を成し遂げるためには、相手に対しての「心からの思いやり」を持つことが大切であると言えます。

これは、あなたと相手の間で良い関係を築き上げることにもつながるため、とても重要なことだということが分かります。

-ビジネスマナー①挨拶をする

人と人がコミュニケーションを取る方法として挙げられることに「挨拶」があります。この挨拶は私たちが生きていく上で基本指針とも言えるとても大切なものです。

「おはようございます」「こんにちは」「お疲れさまです」など、普段から自然と言葉を発する中に心を込めて行うことが大切です。

-ビジネスマナー②身だしなみを整える

社会人として、あなたは普段から身だしなみを整える人ですか?身だしなみが整っていると清潔感があるため、周囲の人に不快感を与えることなくビジネスもスムーズに取引が行えるなど、良い効果をもたらします。

そのため、髪に寝ぐせなどなくしっかりとヘアセットが行えているか、また、スーツやシャツにシワがないかどうか、口臭や体臭のケアを適切に行うなど、最低限行っておくべきことがあります。

http://www.goto1000.com/business-hair/hair-gloss/
http://www.goto1000.com/business-hair/hairdressing/

その他、靴が汚れていないか、ヒゲを生やしていないかなど、人に見られるポイントのため、自身の細部にまでしっかりと目を光らせ、身だしなみは毎日チェックすることが大切です。

-ビジネスマナー③目上の人に対する言葉遣いを習得する

〇言葉遣い

ビジネスを行う上で大切なのは、目上の人に対する言葉遣いをマスターしておくことが大切です。これは、正しい言葉遣いが行えていない場合、相手に対して印象が悪くなる可能性があるためです。そのため、丁寧語、尊敬語、謙譲語の使い方を少しずつ習得しておくようにしましょう。

この時、丁寧語は語尾に「です」「ます」調をつけた話し方をします。尊敬語は相手に敬意を表す言葉遣いを、そして謙譲語は自分をへりくだった相手に敬意を表す表現をします。

〇名刺交換の方法

先方と初対面の時は、まず名刺交換から始まります。名刺は自分を知ってもらう上でも重要なやり取りとなるため、マナーを確認し、習得しておくことが大切です。実際に名刺交換を行う手順を確認しておきましょう。

1.名刺入れを準備
2.目下の人から名刺を渡す
3.この時、社名や役職、氏名を述べる
4.名刺交換を行う

名刺交換を行う時は、自分の名刺入れの上に名刺を重ねたら両端を両手で持って相手に向け渡す

5.相手から名刺をもらう場合は、相手より低い位置で自分の名刺を渡すこと
6.「頂戴いたします」と述べる
7.いただいた名刺は自分の名刺入れの上に乗せ、机に置く

-ビジネスマナー④電話応対で会社のイメージが変わる

あなたがビジネスにおいて電話応対を行う際、正しい対応を行うことで会社のイメージが大きく変わります。実際、ビジネスにおいて電話応対は日常的に行うことも多く、その時の言葉遣いには十分注意が必要です。これは、相手の顔が見えない状態で話をするためです。

正しい電話応対の方法について以下にまとめてみました。

  • 3コールの間に電話に出ること
  • 第一声は「お待たせいたしました」「おはようございます〇〇の〇〇です」と伝える
  • ゆっくりと話をし、口調ははっきりと相手に聞き取りやすいトーンで
  • 手元にメモを準備しておく
  • 電話は先方が切った後に自分の受話器を置く
  • 相手の名前を聞く時は「お名前を伺えますか?」と尋ねるようにする

など、基本的な言葉遣いと電話応対の方法をマスターしておくことが大切です。

 

社会人がなぜ髭を生やすべきではないのか

世の中の大半の男性はサラリーマンとして仕事を行っています。では、そんな社会人として働く男性がなぜヒゲを生やすべきではないのか疑問に感じる方も少なくありません。なぜそのように言われるかについて考えてみましょう。

サラリーマンとして働く男性がヒゲを生やして良いかどうかについては、各会社の規定によって異なります。たとえば、業種によってスーツスタイルではなく、カジュアルなコーディネートで出社を可能とする会社もあります。その場合、ヒゲがNGとしていることはないこともあります。

一方で、企業や商社など大手に勤務するサラリーマンともなれば、スーツスタイルに無精ヒゲというスタイルは、見た目の印象が悪く相手に不快感を持たせてしまう恐れもあるためおすすめできません。

このように、あなたが働く会社の規定に準じてヒゲを生やすことができるか否かが決まると言っても過言ではありません。とは言え、一般的に常識の範囲内で考慮しても、社会人として働く以上、対人に対してのあなたの印象、そして会社のイメージを崩してしまう恐れがあると考えられる「ヒゲ」については、ない方が良いと考えられています。

↓↓ヒゲと同様の口周りケア。唇のケアについてはこちら

http://www.goto1000.com/lip-care/lip-care/

 

髭を生やしても良い職業に「営業」はない

あなたがこれから、そして現在、さらには将来に向け、サラリーマンとしてビジネスを行っていくのであれば、やはり「ヒゲ」は伸ばさず。清潔感のある素肌状態を保つ方が良いと言えます。これは、どうしてもヒゲに対してマイナスとなるイメージを持つ方が圧倒的に多いためです。

特に営業職に就く男性は、毎日人と会い、話をします。かっこよくキメたスーツスタイルにヒゲが生えているだけで、あなたの印象はずいぶんと悪くなってしまうでしょう。もちろん、アパレル業界など、サラリーマンとして働く枠から突出している方であれば、ヒゲのスタイルも自由であることが多いようです。

このようなことから、ヒゲを生やしても良いと断言できる職業は中には存在しても、「営業」という職業はないということが分かります。つまり、サラリーマンとして社会で働く場合は、「ヒゲ」を伸ばすことは避けることが無難だと言えます。

 

まとめ

サラリーマンのヒゲがビジネスマナー違反になると言われる真相について徹底解説しました。サラリーマンは周囲の人や対人に対するイメージを良くする方がビジネスチャンスにもつながる可能性が高いため、ヒゲはない方が良いということが分かりました。

中にはサラリーマンとして働く以外に、スーツスタイルではない仕事に就く方もいるでしょう。その場合はヒゲを生やすことに制限がないこともあるようですが、やはり一般的にはヒゲはビジネスマナー違反になると考えられているため、仕事を行う上ではヒゲを生やさず、清潔感のある美肌のメンズを目指していきましょう!